page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
Dunya & Desie
d&d

Dunya en Desie


オランダ航空の機内で観ました。
オランダに住むモロッコ移民の娘ドゥンヤと、生粋のオランダ人デイジーが
友情を通して、お互いの人生を見つめ合うというお話です。

モロッコ人の娘として、一方ではオランダ人として、
自らのアイデンティティーのあり方に戸惑うドゥンヤ。
親から望まれずに生まれて来たデイジーの心の傷は、
突然の妊娠をきっかけに再び痛みだしてしまいます。

ドゥンヤは親からの言いつけで、モロッコ人とのお見合いを強いられ、
モロッコに向かいます。
デイジーも、モロッコに住むという実の父親を求めてモロッコに。

遠く離れたモロッコの文化を全く理解しようとしないデイジーに
ドゥンヤは苛立ちを覚えるものの、デイジーの自由で素直な生き方を
少しだけうらやましいと感じるドゥンヤ。
2人はデイジーの父親を探し求めて、モロッコ中を駆け巡ります。
でも、本当に探し求めているのは、自分自身。

何のために、誰のために生まれてくるのか。
辛くても生きて行かなくてはいけないのは、どうしてなのか。
そんな問いを彼女たちも持っています。
でも、答えがでなくても平気。
生まれてこなければ、こんなにも大切なものを、
何一つとして感じられなかったはず。
そんなことを語りかけてくれる作品です。
彼女たちと一緒に、自分も「旅」を終えたような気分になります。

全く違う生き方をしている2人が、
その「違い」を空気のように受け入れ、自分らしく生きている。
でも、本当は「受け入れる」こともなく、それを意識すらしていないのかもしれません。

異文化を意識して、受け入れられる自分を評価してしまいがちだった私は、
色々なことを見るうちに、自分らしくいることを忘れかけてしまっていたのかもしれません。

もうひとつ、私の心に残ったのは、2人の名前です。
アラビア語、トルコ語などで「世界」を意味するドゥンヤ。
可愛らしくて、素朴なお花の名前でもあるデイジー。
どっちも素敵だなあと思いました。
スポンサーサイト
© Cinema noix de coco. all rights reserved.
<span id="ad1"><script type="text/javascript">var j = 30;</script><script type="text/javascript" charset="utf-8" src="http://admin.blog.fc2.com/i/image/janre.js"></script></span><noscript><p>FC2Ad</p></noscript>
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。