page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ペルセポリス
persepolis

ペルセポリス

去年、フランスでは、この映画が大ブームになりました。
アニメ作品ながらも、カンヌ映画でノミネートされ、監督賞を取りました。

もともとは、マンガとして発売されていたのですが、
ストーリーを気に入った監督が、作者と一緒に全て手作業で映画化したそうです。

作者のマルジャン・サトラピは、イラン人ですがフランスの美術学科に留学し、
卒業後、イラストレーターとしてフランスで活躍しているそう。
個人的な話ですが、彼女が学位を取った町は、私も留学していたストラスブールなのです。

作品は、1979年のイラン・イスラム革命前から革命後のイラン社会の変化を描いたもの。
的確でコミカルな表現で、イラン社会を風刺しています。

現在のイランは、イスラム法が確立され、
個人の生活もイスラム法に制限されている部分が多くあります。
でも、イスラム法とは、政治家が権力を振りかざすために神の名をかりて、創り上げた法律です。
個人ひとりひとりの心まで、操る事はできません。
そんな人々の心情と、政府の必死で大胆な政策の間の「温度差」を、
ちょっとあざ笑いながら、分かりやすく説明しています。

実際に、皆がイスラム原理主義者だと思われてがちなイランの人々は、
政府からの抑圧に耐えかね、地下や家庭ではじけた生活をしている人も多いそうです。
今では、若者の信仰離れが進むなど、
政府の思惑は見事に裏目に出てしまったような部分もあります。
逆に、政府は政教分離を掲げていて、人々にイスラムを押し付けないけれど、
真の信仰を心の奥底から表す人が多い、トルコなどその形はさまざまなんだなあと思います。
とにかく、日本のアニメとはまた違うアニメの可愛らしさだけでも、
十分に楽しめる作品なので、ぜひ観てみてください。

最近の石油の値段高騰で、株への影響が強いそうです。。。

スポンサーサイト
© Cinema noix de coco. all rights reserved.
<span id="ad1"><script type="text/javascript">var j = 30;</script><script type="text/javascript" charset="utf-8" src="http://admin.blog.fc2.com/i/image/janre.js"></script></span><noscript><p>FC2Ad</p></noscript>
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。